まきのみなみの世界一周記

2009-2010

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
カトマンドゥは本当によいところ。
気候も快適だし、雑貨なども日本人好みでぶらぶら歩きも楽しい。
なんといっても日本食がうまい。(これは本当にうまい。)
大戸屋のそれを想像していただいて結構。
1週間毎日通ってしまった。

結局ネパールはカトマンドゥだけの滞在で、
おとといインドに戻ってきた。

連日過酷な移動を繰り返して、現在はカジュラホという村にいる。
インドに戻ってから、下痢と吐しゃに苦しんでいる。
それに加えて、本当に暑い。
バス型サウナかと思った。

(まきの)
スポンサーサイト
いま、ネパールのカトマンドゥにいます。
元々ネパールに来る予定は全くなかったのですが
なんとなーくネパールまで来てしまいました。
DSC03066.jpg






DSC03072.jpg






「バラナシからカトマンドゥまでバスで行けるよ!」
「インドより人も穏やかで涼しいよ!」
「かわいい雑貨がいっぱいあるよ!」

というネパールのイイ話ばかりを
デリーで出会った日本人の旅人さんから聞いていて
じゃあせっかくだから行ってみるかっ!と
軽い気持ちでネパール行きを決定。

バラナシからは国境の町までバスで9時間
そこで一泊して、カトマンドゥまでまたバスに乗って9時間。
バス移動は今まで散々やってきたので楽勝楽勝。

…のはずが。

バスでなくてランドクルーザーですって…。むしろデラックスバスって聞いてましたけど…。
これに12人(+運転手)がギュウギュウ詰め。
DSC03021.jpg






しかも暑いもんで隣の韓国人のぶーちゃんと触れ合う肩や腕は汗で気持ち悪ぅ…。
こんな状態で9時間。ようやくネパール国境の町スノウリ到着。

今日の宿も、パッケージ料金に含まれている。
…が、この宿も今まで泊まった中でも最低ランク。
部屋は狭くてトイレくさいし、蚊は多いし、なんとなくねちょねちょ感がある(よくわからんけど)。
DSC03026.jpg






で、翌朝は6:30出発。これは一応バス。
DSC03051.jpg






お。予定では8:30頃出発って聞いてたから、意外に早い時間に着くかも!

…まあそんなはずはなく。
のろのろのろと路上で客を拾って拾って行ったり来たり。
結局カトマンドゥ目指して出発したのは8:30頃。

ネパールは山国なのでとにかく山道をひたすら進む。
いいですねーなんて思っていたら、途中で全く渋滞で動かなくなった。
落石か?横転か?そういえばネパールでは車の事故が頻発するらしい。

中国、昆明→大理のときの移動の記憶がよみがえる。
山道での車の横転で、動かないこと4時間…。

まさか…。

全然動かない。
今夜の宿ももう予約してますけど。
バスターミナルからフリーピックアップしてもらう予定ですけど。



結局、動いては止まり動いては止まりを繰り返して、
カトマンドゥに着いたのは23時頃。
しかも、「タメル(安宿が集まる中心地)はここ!」と降ろされたが、
真っ暗でよくわからない。

もうピックアップは諦めて、近そうだから歩き始めたところ、
後ろから来た別のバスに「タメル?」「イエス!」と拾われ、
また走る。さっきのところは全然タメルじゃないじゃん!

また真っ暗なところで降ろされ。

人に聞き聞き、予約してる宿を目指す。
ここってネパールの首都の中心地。てのも忘れるくらい暗くて静か…。

ようやく発見した宿。
…真っ暗。

「ハロー」



「ハロー」

全然反応なし。こっちは疲れてんだけども。

どうにかライトのスイッチを探し当て点けたら、レセプション前で思いっきり寝てるし!!
気づけよ!
て全然迎えに来る気すらなかっただろ!
チェックイン予定の客を待つ気すらなし!まだ23:30だよ…。

ようやくチェックイン…。


疲れた。
とんだ仕打ちだ。
この2日間の移動でネパールさんの印象は最悪。



この翌日以降に気づいたが、ここでは計画的に停電が起こってるらしく。
1日のうち毎日16時間も電気が使えないんですよ!
すごい首都…。
DSC03108.jpg






たった先ほど使ってたPCが突然バシッと電源が落ち、なんやかんやと分からんうちに
繋いでいたカメラのデータが消滅…。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。