まきのみなみの世界一周記

2009-2010

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
シンガポールは予想以上に都会だった。
東京以上に近代的な場所もいくつもあったし、イギリスの影響からか町並みのどこかヨーロッパを感じさせる。行ったことないけど。
高島屋があって、紀伊国屋があって、伊勢丹がある。ラーメンを食べて、とんかつを食べた。

最近の私はホームシック気味だった。毎日食事がナシゴレンやミーゴレンというのに飽き飽きしていた。昨日の朝から下痢気味で体も調子が思わしくない。
慣れない環境での生活へのストレスからか、情けないことに、この10日ほどで精神的、体力的にかなりきていた私は、この東京によく似た環境で存分に癒された。

ただそれは都心部のはなし。(もともとシンガポールは都市国家なので地方も何もないのだが。)
中心部からMRT(電車)で3,4駅ほど離れたところにある、私たちの泊まったホテル周辺は中国人街でネオンサインもどれも漢字ばかり。1ブロック歩くごとに、地元民が集まる屋台がある。すれ違う人もほとんどが中国系だ。まるで中国にでも来たようだ。行ったことないけど。

シンガポールは、インド系、アラブ系、インドネシア系、欧米系、中国系,,,とさまざまな人種が住む、多民族国家なわけで、やはりそのなかで住み分けがあるらしい。リトルインディアという地域があって、アラブストリートがあって、当然チャイナタウンもある。さらにスターバックスには金髪しかいない。これはおそらくたまたま。

私たちのなかでシンガポールは、「物価も高いし、見どころもそれほどなさそう」という理由でただの通過点という位置づけだったが、もっとじっくり時間をかけて見れば、エキサイティングな部分にもっと触れられたのかもしれない。

と少し後悔する。


まとめると、
私たちはミニマーライオンを見たあと(大きいほうは修復中?)、デパートで涼んでただけ。
ということ。

マーライオン






(まきの)
スポンサーサイト
今2カ国目のシンガポールにいます。
明日マレーシアに入国予定です。


時間がないので詳しくはまた後日!


とりあえず、手でお尻を拭けるようになりました。


(まきの)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。