まきのみなみの世界一周記

2009-2010

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
カナダ最後の訪問地は、ビクトリア。
この町には特別な思い入れがある。
高1の冬から一年間、私はこの町に留学していた。

留学というと堅苦しい感じがするけど、
実際はそんなに英語の勉強を必死にした憶えもない。
たまたま進学した高校に、カナダへ一年間留学出来るというコースがあって、
楽しそう!行ってみるかぁ!ぐらいの軽いノリだった。

だけどビクトリアで過ごした一年は、
当時16歳だった私にとって、とにかく楽しくてしょうがなかった。


と言っても、今からもう12年も前の話・・・

人並に覚えたはずの英語はすっかり忘れ
当時の思い出もどんどん薄れて
お世話になったホストファミリーとも音信不通。

そんな感じで訪れた約12年ぶりのビクトリア。

PA019964.jpg






PA019967.jpg






思い出深い場所はたくさんあるけど、
まずは当時通ってた学校に行ってみた。

学校は当時のまま、同じ場所にあった。
学校で過ごした時間は本当に楽しくて、思い出もたくさん。
12年前と同じ場所に立つと、色んな思いがよみがえった。
なんだか感慨深い。

DSC06945.jpg






そしてビクトリアでどうしても行きたかった場所。
ホストファミリーの家を尋ねる。

私がお世話になったホストファミリーは
お父さんとお母さんと子供が3人の5人家族。
アウトドアが好きな家族で、冬になると必ずスキー。
夏は山に登ってキャンプをしたり。
とてもにぎやかな一家だった。

ただもう10年ほどホストファミリーとは音信不通…
彼らがまだ同じ家に住んでいるとは限らないわけで。

でもとりあえず行ってみる。
記憶を辿りながら、歩き進める。
と、

あった!!
見覚えのある家がそのまま、同じ場所にあった。

ドアをノックする。
人の気配なし。

勝手にポストを覗いてみると、
ホストファーザーと同じ名前宛の郵便物。
とりあえずまだこの家に住んでいることは間違いなさそう。

メモを残して、夜に再び尋ねることに。

夜になってもう一度家に行くと、家の前に車、部屋の明かりも点いてる。
メモをみてくれていたらしく、突然の訪問にかなりビックリしながらも
お父さんとお母さんが昔と変わらない笑顔で家に招き入れてくれた。

昔と全然変わらないふたり。

PA019965.jpg






12年前、家族5人と私の計6人で住んでいたこの家。
今はお父さんとお母さん二人だけで住んでいた。
子供たちはみんな成人して家を出て行って、一人暮らしをしているらしい。
私が過ごした部屋はテレビルームに変わっていた・・・

PA019966.jpg






12年という時の流れを感じた。
時が経つのは本当に早い。

またいつか会うことを約束してお別れ。

無事、ホストファミリーとも再会したし、もうカナダに思い残すこともない。

DSC06946.jpg






というわけでカナダに別れを告げ、再びアメリカへ。
バンクーバーからバスで30時間、一気にロサンゼルスまで!!

(みなみの)
スポンサーサイト
まだロンドン辺りを旅していた6月の終わり頃、
HMVで働いていた時の先輩であるHINOさんからメールが届いた。

今はカナダのファーニーという町に住んでいるとのこと。

もしよかったら遊びおいでーとお誘いいただき、
もちろん行きますっ!てことで、
図々しくも一週間もお泊りさせていただくことに。

バンフからまたまたバスに乗って約9時間で、ファーニーに到着。
バスを降りるとHINOさん発見!!
まさかカナダのこんなところで再会するなんて!
テンションあがる!!

HINOさんの横には彼氏のSEAN。
でっかい!!けどとても優しい。
日本で働いていたこともあるSEANは日本語も少し話せて、
私たちには分かりやすい英語を使って色々教えてくれる。



ファーニーでの一周間を振り返ると。

スーパーまでお散歩。

DSC06791.jpg






景色が雄大すぎ!

DSC06792.jpg






気が向いたらガーデニングと称した農作業。
これが結構重労働で久々の筋肉痛。

DSC06671.jpg





ファーニーの子供たちが主役のこんなお祭りをみにいったり。
平和すぎる。

DSC06723.jpg






DSC06716.jpg





あとはテレビを観たり、ゲームしたり、ネットしたり。
ピンポンゲームにはまる。


そして晩ご飯はHINOさんの手料理!
ギョウザ。あら汁。マーボー豆腐。リゾット。
うまい!!

DSC06790.jpg







手作りマフィンもいただきました。
幸せだー

DSC06789.jpg






多趣味のSEANに連れられて、フィッシングやシューティング。

P9249726.jpg






DSC06661.jpg






アイスホッケーの試合も人生初観戦。

DSC06693.jpg






そしてSEANの最終兵器、それが料理!
プロの料理人でもあるSEANの料理は次元が違う!

DSC06732.jpg






味は言うまでもなく。

DSC06736.jpg






そして7カ月ぶりに食べたお寿司。

DSC06676.jpg






日本のとはちょっと違ったけど、めちゃくちゃおいしかった!!

ファーニーの大自然とHINOさん&SEANのお陰で最高にリフレッシュ!
旅にでてからこんなにのんびり過ごしたのは初めて。
お世話になりっぱなしの一周間でした。

P9289746.jpg






HINOさん&SEAN
本当にありがとうございました!!
THANK YOU VERY MUCH!!

(みなみの)
ヘイリバーからまた24時間バスに乗り、バンフへ来た。
朝8:00、とにかく寒い。(寒暖の差が激しいので、昼間は暑くなるのだが。)

この町から、ジャスパーという町までの300kmがカナディアンロッキー観光の定番のドライブルート。

我々もレンタカーを借りてドライブ。
ギリシャのサントリーニ島でバギーを借りて、出発後5mでクラッシュしたという苦い思い出を振り切って。

P9229471.jpg






ジャスパーまで行って帰ってで一泊二日。

見どころは、車から見える景色。

P9239660.jpg






P9239607.jpg






そして湖。
水の色が青緑色。エメラルドグリーン。とても綺麗。その水面に山が映ってさらに素晴らしい。

P9229496.jpg






P9229529.jpg






P9239597.jpg





P9239621.jpg






行くところ行くところ時間帯が悪く、いつも逆行で少し残念。


コロンビア大氷原。
雪上車に乗って氷原の上を走るツアーもあるらしいが、それはパス。
それでも氷河の間近まで行ける。溶けた水が轟音とともに流れていく。

P9229570.jpg






P9229572.jpg






ロッキーといえば、野生動物が観察できることでも有名。

リス。

P9239602.jpg






ヤギ?

P9229552.jpg






マウンテンゴート。
人に囲まれながら草を食む。

P9239645.jpg






残念ながら期待した熊やエルクは見れずで終了。


とんでもない大自然を飽きるほど堪能した。最高に気持ちいいドライブだった。少し飽きた。


(まきの)
旅に出る前、カナダでオーロラをみようと漠然と決めていた。
そのときはオーロラで有名な町、イエローナイフまでバンクーバーから飛行機で
行くことになるんだろうと思っていたけど、それだとお金がかかりすぎる!

どうにか安くオーロラがみれないものかと思っていた矢先、
エジプトで会った旅人さんから有力情報をゲット。

「バンクーバーからバスでヘイリバーという町まで行けば
そこにハーバーハウスという宿があって、その宿の目の前の湖からオーロラがみれる」

らしい。

mixiとかで調べてみると、ハーバーハウスのコミュニティもある。
とりあえずメールで宿へ問い合わせてみると・・・

「オーロラみれますよ。一泊二人で100カナダドル。」

という返信が返ってきた。

「100ドルは高いけど、イエローナイフへ行くよりは全然安いし、
この宿に泊まればタダで好きなときにオーロラ鑑賞が出来るし。」

というわけで、
私たちもこのハーバーハウスを目指してバンクーバーからバスで3泊5日の旅にでた。

バンクーバーからハーバーハウスのあるヘイリバーという町までは
なんとバスで36時間!!
間違いなく今までで最長の移動時間。さすがカナダ。広大すぎる・・・

DSC06570.jpg






36時間のバス移動の末、無事ヘイリバーに到着。
ハーバーハウスの宿の主人、リックが迎えてくれた。

リックは本当に親切にしてくれて
自転車を貸してくれたり、BBQをしてホットドッグを作ってくれたり、
夕日をみに連れて行ってくれたり。
オーロラ鑑賞以外やることのない町だったけど、リックのお陰でとても楽しい滞在になった。

DSC06544.jpg






P9189355.jpg






P9189379.jpg







そして肝心のオーロラ鑑賞。

・1泊目

悪天候のため雲が多く、全然観れず。残念!

・2泊目

オーロラを観るには絶好のコンディション(byリック)
夜空には雲ひとつなく星がめちゃくちゃキレイ!流れ星もがんがん流れる。
が、一向にオーロラが現れる気配がない・・・
諦めかけた深夜3時半ごろ。これで駄目なら寝ようといいながら外にでると・・・

なんか空が明るい!オーロラがでたっ!!

約1時間ほどオーロラがずっと空にでていた。
初めてみたオーロラに純粋に感動。

P9189401.jpg






P9199424.jpg






P9199431.jpg







・3泊目

昨日みれたこともあって気楽な気持ちで部屋で横になっていると
「オーロラでてますよ!」と他の宿泊客から教えてもらう。
外にでると昨日よりは弱い光だったけど2日連続オーロラが現れた!
空に雲が多くてしばらくすると霞んで見えなくなってしまった。
本当にオーロラは気まぐれらしい・・・


こんな感じで3日間のオーロラツアーは終了。

ハーバーハウスの情報を教えてくれたmihokoさんに感謝。
ありがとうございました!

(みなみの)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。