まきのみなみの世界一周記

2009-2010

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ベトナムのハノイからさらに北上し、河口という街から中国入国。
もともとの予定では中国は通過のみで立ち寄る気はあまりなかったが、
フエで出会った旅人たちが、雲南へ行くべし!と言うもんだから、
じゃあ折角だからと、こころやさしい旅人のメモとデジカメで撮らせてもらったガイドブックの画像を頼りに(タカくんありがとう。あなたがいなければ路頭に迷ってました。)、勧められるままここまで来てしまった。

(中略)

雲南州都昆明から、大理を経由して、現在は麗江という街にいる。
ここは数千戸の家々が密集した数百年来(アバウト)のその美しい街並みが世界文化遺産に登録されているらしい。
たしかに道はすべて石畳が敷き詰められていて、言われれば[千と千尋]な感じでなかなか趣きがあってよろしい。
004_20090423153912.jpg






さらに近くには玉龍雪山という山があり、高台に上ればその絶景も望める。
005_20090423154006.jpg








がしかし、とにかく人が多い!中国人観光客が多すぎ。
逆に今まで通過してきた国に比べると、バックパッカーの姿をそれほど見ない。

(まきのin中国人の群れ)
001_20090423153647.jpg






で、夜になると一段と人が増えて、
町中が派手にライトアップされる。
まるでテーマパークのよう。
ディズニーランドにチャイナを作ったらこんな感じになるだろうというくらい。
before
003_20090423153841.jpg






after
002_20090423153752.jpg







公衆トイレの各室には液晶テレビがはめ込まれていてリピートで麗江のイメージソングが流れている。

ダメ押しで,
各レストランでは大音量で弾き語りやクラブミュージックが流れる。
店内では中国人が踊りまくる。


.....やりすぎ。ここまでやられると腹立つのを通り越して笑えてくる。
スポンサーサイト
現在、ベトナムの真ん中あたりのフエという町にいます。
カンボジアからベトナムのホーチミンへ入って

ホーチミンニャチャンホイアンフエハノイとベトナムを北上中です。

ベトナムはごはんが美味いです。
おかげさまで下痢することもなくお腹の調子も好調。


①ベトナムの麺

フォー(ベトナムといえばこれ。写真は牛肉入り。肉うどんみたい。)
002_20090423151939.jpg






カオラウ(ホイアンの名物らしい。ぶっかけうどんぽい。)
009






ブンボーフエ(フエの名物。肉がでかい!)
016






②ベトナムの春巻き

揚げ春巻き(うまい!
011






生春巻き(ベトナム代表。皮がかたくて微妙・・・)
003






③ベトナムの貝

名前不明(日本ではみたことないけど、なかなかいける。)
007






貝粥(貝のうまみがしっかりでてて美味しい!)
006






あさり?(塩コショウをつけて。シンプルイズベスト!)
004






④ベトナムの甘味

シントー(フルーツシェイク。マンゴーとアボカド。アボカドが意外に◎)
019






豆腐花(柔らか豆腐に甘い蜜をかけて。生姜がきいてていい感じ。マレーシア名物?)
021






チェー(ベトナムのぜんざい?具は豆とか団子。最後に氷をかけてさっぱり。)
017






⑤ベトナムのお好み焼き

バインセオ(もやし、豚肉、えび入り。)
001_20090423151915.jpg






⑥ベトナムのせん餅

名前不明(とにかくデカイ!写真はチリ味。マンゴーバナナ、セサミもあり。)
020






⑦ベトナムのするめ

するめ(おばちゃんが炙ってくれる。)
005






(番外編)

ベトナムのバイク(マラソンのスタート直後のようだ。もしくはデモパレードのようだ。)
016






ベトナムのトンネル
017






ベトナムの目
5678






ベトナムでオーダーメイドした靴(かなり本意気で作りました。作ったはいいけど、2足靴を持ち歩いているので邪魔。まきの)
1234






ベトナムのミナ(奥)とミノ(手前)(生後1ヶ月。2匹合わせて名前はミナミノ!)とみなみの
0001






交尾中に離れられなくなったベトナムの犬をみるベトナムの犬
0002






そして明日、
ベトナム最後の地、首都ハノイへ向けて旅立ちます。


(みなみの)
東南アジア観光のハイライトになるであろう
カンボジア、アンコール遺跡群!

アンコールは個人で旅行すると
時間もお金も必要以上にかかってしまうという話を聞き
今回はバンコクからの「格安日本語ガイド付」ツアーで参加。

到着日の翌朝6時
まずは朝日の昇るアンコールワットへ。
今まで散々テレビや写真でみてきたアンコールワット。
それがいま目の前にー

アンコールワッ遠





規模も感動も他の遺跡やお寺とは桁違い。
こりゃほんとにすごい!
言葉で表すより写真でどうぞ↓

アンコール1
アンコール2






アンコール3






アンコールワットの近くには
他にもものすごい遺跡たちが点在していて
それらを全て含めてアンコール遺跡群と呼ばれてるそうで。

今回はアンコールワットの他に
アンコールトム、タ・プローム、タ・ケウ、ベンメリアを観光。

アンコール4
アンコール5






アンコール6
アンコール7









色々と遺跡めぐりをしたわけですが
どれもがとにかく「すごいっ!」
という言葉しか出てこない。

内戦やポルポト政権時代の影響からか
まだまだ修復中の場所も多くて
10年後、20年後にもう一度訪れてみたいと思いました。

タイ旅行でバンコクに行かれる方は
カオサンロードから3泊4日約8500円で
アンコール遺跡を楽しめます。
ぜひともご参加を!
3/18 マレーシア、プルフンティアン島から陸路で国境越えをして、
    
    外務省から危険警告のある地域を通過して(後で知った。)、タイ南部最大の町ハジャイへ行き、

3/20 ハジャイからクーラーの効きすぎた寝台マレー鉄道でバンコクへ行き、
    マレー






3/21 バックパッカーが馬鹿みたいにいるカオサンロードへ行き、
    カオサン






     タクシーでウィークエンドマーケット(犬も売ってるでっかい市場)へ行き、
    ウィークエンド






    カオサンへ帰って、タイマッサージをしてもらい、

3/22 ワットプラケオ、ワットアルン、ワットポーとバンコク観光をして、
    ワット






    カオサンへ帰って、タイマッサージをしてもらい、

3/23 長距離バスとフェリーを乗りついでタオ島まで行き、
    チュンポン






    ダイビングの講習が始まり、
    ダイビング






3/24 「水が怖い」と泣きそうになり、それでも潜り、

3/25 二人とも下痢になり、それでも潜り、ライセンスを取得し、

3/26 最後のファンダイブで、私はエア切れになり、あやこは急浮上し先生に怒られ、
    ダイビング2







    バンコク行きのフェリー&バスに乗り、
    チュンポン2






3/27 バンコク南バスターミナルからバスでカンチャナブリへ行き、

    自転車を借りて、
    自転車
    





    「戦場にかける橋」を見て、
    橋






    JEATH MUSEUMへ行き、戦争について考えさせられ、
    JEATH






    立っているだけで酔う傾いた床の部屋で、雨漏りがする中寝て、

3/28 エラワン滝へのバスに乗り、そのバスの右車輪から煙が出、30分ほど修理をし、
    バス立ち往生






    激しいトレッキングをし、結局滝で水浴びはできず、
    滝






3/29 バンコクへ戻り、ぶらぶら買い物をし、
    買い物






3/30 アユタヤツアーへ行き、
    アユタヤ






    遺跡めぐりにちょっと飽き、
    アユタヤ2







    傷口にはハエがたかるということを知り、
    両足にハエ






3/31 わざわざトンロー地区までおいしくないラーメンを食べに行き、

4/1  朝6:30、カンボジアへ向けて出発したぜ。

    
(まきの)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。