まきのみなみの世界一周記

2009-2010

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
お知らせ

現在スペインはマドリッドです。
トルコ、イタリア、プラハ、シャモニーの写真を今更アップしました。


スポンサーサイト
フランスからスペインへ入国!

スペイン観光!!のその前に10日間ほど
モロッコへ行ってきました。

スペインからモロッコへの道のりは、意外なほど近くて
フェリーで30分もすれば到着。

観光客も多くて旅もしやすいモロッコ。でもそこは立派なアフリカ大陸。
インドに負けない灼熱地獄!!

DSC05323.jpg






モロッコ最初の街はカサブランカ。
旅人の間ではインド、エジプトに続く"三大うざい国"という噂のモロッコ。
最初は少し構えていたけど、全然そんなことなくて人も親切。
初めて食べるモロッコ料理もなかなか美味!

DSC05352.jpg






P8197674.jpg







世界遺産にも登録されている街"フェズ"
旧市街は細い道が入り組んでいてまさに迷路。
でも趣きがあって面白い街。

P8197632.jpg






P8187616.jpg







そしてモロッコで一番行きたかった場所。
サハラ砂漠!

エジプトでの砂漠ツアーに続き今回も砂漠ツアーに参加!

でもモロッコの砂漠ツアーは車じゃなくて
らくだ!!
なんとらくだに乗って砂漠に行けるんです。

DSC05439.jpg






サハラ砂漠はエジプトでみた白砂漠や黒砂漠とは全然違って
見渡す限りどこまでも続く茶色の砂一色の世界。

P8217724.jpg






DSC05421.jpg






DSC05416.jpg






らくだに乗って砂漠を歩いていると
すごい体験してるなぁ
と改めて感じる。

この旅に出ていなかったら
たぶんモロッコへ来ることもなかったと思う。

でも肝心のらくだの乗り心地、
これが意外に大変で、全然快適じゃない!!

翌日はふたり揃って筋肉痛なのでした。

またいつからくだに乗る日はくるのでしょうか??

P8217730.jpg

イタリアの次、
どこへ行こうかなーと悩んだ結果、
チェコのプラハへ。

ブダペストやウィーンにも行きたかったのですが今回はパス。
わざわざプラハまで来た理由は
少でも中欧の雰囲気を味わいたい!それだけ。

そんな欲求をプラハの街は充分満たしてくれました。

P8047069.jpg






P8047054.jpg





そうそう!こうゆうのがみたかった!!
赤茶色の屋根の家々が見渡す限り。
魔女の宅急便! っぽい。


プラハのあとはドイツ、ミュンヘンへ移動。
ドイツといえばビールとソーセージという単純な発想。
食べました!
おいしかったー

ドイツはミュンヘンだけ。
ミュンヘンからは、スイスのジュネーブに立ち寄って再びフランス。

P8077174.jpg






山岳リゾートで有名らしいシャモニーという街へ向かいました。

ロンドンで出会った日本人のヒトいわく、
シャモニーにはモンブランを一望できるロープウェーがあって
その眺めがとにかくヤバイ!!

らしい。

ネットで情報収集してみると、たしかにその景色はめちゃくちゃすごそう!
これは見なけれゃ!というわけでわざわざシャモニーまで来たのですが。

あいにくの悪天候!!
ロープウェー乗場のチケットを買うと、チケット売り場のお姉さんが
今日は何もみれないけど本当にいいの?ナッシングよ!
とわざわざ忠告してくれる始末。

奇跡を信じて、ロープウェーで一気に3842m地点まで到達!!

P8087203.jpg






そして見えたのはこんな景色。

P8087227.jpg






P8087248.jpg






残念無念。

モンブランは拝めなかったけど、
ずーっと暑いところばかり旅してきたので
久しぶりの冬を味わえてなんだか楽しかった。

P8087246.jpg






次回は冬に来てみたい。
ここでスノボーとかしたら楽しいんやろなぁ。
て全然滑られへんけど。

リベンジ!!
ギリシャからイタリアへはフェリーで約20時間の船旅。
プール付きのかなり豪華なフェリー!
でもうちらはデッキで雑魚寝。

フェリーはイタリアのアンコナという港町に到着。
そこから電車でまずはローマへ。

ローマの街は想像以上に見応えありまくり!
街中に歴史を感じられる建物や銅像が。
街を歩くだけで楽しい!

P7256592.jpg






P7256566.jpg






そしてローマの街の中にある世界で一番小さな国、バチカン。
これがほんとに国なのか!?というぐらいボーダーレス。
カトリックの総本山、サンピエトロ寺院はさすがの迫力。

P7256547.jpg






かわいい制服。

P7256537.jpg






真実の口に手を入れてみたり、スペイン広場へ行ってみたり、
まさにローマの休日!

でも宿は一泊14ユーロのキャンプ場生活。

キャンプ場と言ってもサバイバルな感じは全くなくて
常設テントの中にはベッドもあるし、寝心地も悪くない。
敷地内にはプールもあれば、バーもあってスーパーまである。

実はイタリアには各地にこんなスーパーキャンプ場がありまして
これがなかなか快適でした。

ローマのキャンプ生活をいたく気に入ってしまった我々は
その後、イタリア各地のキャンプ場を転々としたのでした。

ローマのあとは
本当に傾いていたピサの斜塔を経由して

P7276737.jpg






DSC04608.jpg







フィレンツェへ。
ドゥオーモはでっかかった!

P7286789.jpg






そしてベネチア。
小さな島に観光客があふれかえる街。

P7316871.jpg






道が入り組みまくりで適当に歩いていると
ここがどこか分からない!迷子状態に。

P7316851.jpg






イタリアはどの街にもそれぞれ魅力があって
見どころも多くて
そして食べ物がおいしすぎでした!

小金を稼いでまた来ます!!

P7286779.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。