まきのみなみの世界一周記

2009-2010

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ペルーとボリビアの国境にまたがるティティカカ湖。

ペルーのプーノという 町からティティカカ湖の島々を巡るツアーに参加して
ウロス島、アマンタニ島、タキーレ島へ行ってきました。

ウロス島はティティカカ湖に浮かぶ浮島。
トトラという藁を積み重ねて作られた島の上で、ウル族とよばれる民族が生活している。

PB241938.jpg







PB241939.jpg






PB241944.jpg






トトラで作られた舟。

PB251941.jpg






毎日のように観光客が押し寄せているせいか、完全に観光地化されている感じでちょっと残念。


PB241952.jpg






PB241940.jpg







アマンタニ島では民家にホームステイ。
といっても、家の一室を貸しているただの宿といった感じ。

PB251945.jpg






PB251942.jpg







電気も水道もない部屋で、島で自給自足された野菜を使った超質素な食事。
たまにはこんな生活もいいかもしれない。けど一日で充分かな

PB251947.jpg







PB251946.jpg







ツアーの最後はタキーレ島へ。
ゆっくりとした時間がながれる島特有の空気。のんびりと生活している島民たち。

PB261948.jpg






PB261950.jpg






ティティカカ湖の眺めがすばらしい。

PB261951.jpg






PB261949.jpg






ペルーの旅もこれにて終了。次はボリビアへ。

(みなみの)

スポンサーサイト
マチュピチュ。
もしかしたらこの旅で一番行きたかった場所かもしれない。
その場所にとうとう辿り着いた!

クスコからは電車一本でマチュピチュ村まで行けてしまうけど、とにかく料金が高い!
少しでも節約するために、乗り合いバスを乗り継いでオリャンタイタンボという村まで行き
そこから列車に乗り込む。

PB191325.jpg






気分は世界の車窓から。

PB191324.jpg






マチュピチュ村へ到着。

DSC08009.jpg






山に囲まれ川が流れる。
まるで日本の温泉街のような雰囲気。
とりあえずここで一泊。明日の朝一でマチュピチュへ。

PB191326.jpg






翌朝、早朝4時半。
すでにマチュピチュ行きのバス乗り場は長蛇の列。

PB191327.jpg






それでもなんとか6時の開園?には間に合う。
まだツアー客がいないうちに、人の少ないマチュピチュを拝みたい。
急な階段を登った丘の上からマチュピチュを見渡す。

DSC08011.jpg






言葉が出てこない。絶景。

PB191328.jpg






PB191332.jpg







リャマ放し飼い。
マチュピチュの風景にマッチしすぎてます。

PB191329.jpg





PB191334.jpg






PB191330.jpg






全然人を怖がらない。堂々としたお姿です。

DSC08010.jpg







最後にワイナピチュというマチュピチュの写真の後ろにそびえる山に登って
その頂上からマチュピチュを見下ろす。
マチュピチュの全体像がみえて面白い。

DSC08013.jpg






よくもこんな山の中にこんなものを造ったなー。
ほんますごいわ。

夢にみたマチュピチュ観光も終わってしまい
いよいよ旅の終わりを実感している今日この頃です。

(みなみの)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。