まきのみなみの世界一周記

2009-2010

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
コパカバーナビーチ。

DSC00308.jpg






可愛いギャルがいっぱい。

DSC00305.jpg








まるでピラミッドみたいなこの建物。

P2185096.jpg






実は教会。
ステンドグラスが素晴らしい。

P2185102.jpg








P2185107.jpg






P2185101.jpg






こちらは図書館。

P2185125.jpg








P2185124.jpg






本には触れず。

DSC00396.jpg






P2185127.jpg






そして、ブラジルといえばこれでしょう!
丘の上に立つ、巨大なキリスト像。

P2185236.jpg






リオの町を見渡せる。

P2185073.jpg






イグアス移住地から一緒に旅してきた
なつかさん、こうへい君&みきちゃん夫妻とはここでお別れ。
一緒に旅する仲間がいるって素晴らしい。

IMG_8073.jpg








本当にありがとう!

スポンサーサイト
この旅最後の一大イベント。
リオのカーニバル。

P2164625.jpg






チケット代は150ドルぐらいしたけど、その価値は充分。
想像をはるかに超えた一大エンターテインメント。
夜の9時頃からスタートしたカーニバルはオールナイトで朝の5時過ぎまで続く。


きれいなお姉さまたち。

P2164772.jpg








P2164794.jpg






!! これぞリオのカーニバル!

P2164706.jpg






P2164926.jpg






ディズニーランドのパレードとは規模が違う!

P2164803.jpg






P2165233.jpg






P2165232.jpg






タモさんも参戦。

P2164977.jpg






ブラジル人のパワー底知れず。

P2164998.jpg







ボニートから長距離バスで約20時間、ようやくサンパウロに着いた。ここはなんと高層ビルが立ち並ぶ大都市だった。新宿なんかよりすごいんじゃないかな?こんなに近代都市とは全然知らなかった。

P2215152.jpg








P2215148.jpg






サンパウロといえば、…特に思いつかないな。実際ガイドブックを見ても、特にわざわざ観光に行きたいところもないや。

パラグアイのイグアス市で園田のおじさんが「日本人街として機能してるのはロスとサンパウロだけ。」って言ってたな。確かに、アントニオ猪木もブラジル出身だし。ブラジルの日系人のほとんどがここサンパウロにいるらしい。その数なんと150万人!(合ってる?)

ということで早速、
東洋人街に行ってみた。

P2144598.jpg








P2104455.jpg






P2104443.jpg






駅を出るとすでにアジアン。鳥居があったり、大阪橋という橋があったり。そこら中に日本語の文字がおどってて、「すし」はもちろん「やきそば」や「たこやき」や「きなこもち」なんかも。日本食材もなんでも買えるし、もちろん日本語も通じる。特に日曜日は屋台がたくさん出てて、日本の祭りの様で楽しかった。

P2144604.jpg






P2145229.jpg






日本でいうチャイナタウンみたいな感じかな。日本に限らずアジア系のお土産もたくさん売ってる。こっちはブラジルのお土産を探してるんだけど…。

日系移民史料館も実に見ごたえあり。日本人がブラジルに持ち込んだ文化や食物もあったり。ここに住む日系人は現地の人たちと一緒にブラジルという国をつくってきたんだね。

DSC00165.jpg








ほんで、ブラジルといえばサッカーでしょう!ブエノスアイレスではまだシーズンに入ってなくて見れなかったから、ここは是非とも!と宿で調べてもらったら、丁度リベルタドーレス杯(南米のチャンピオンズリーグ)があるとのこと。

キックオフは夜10時。…遅すぎないか?治安に不安はあったけど、5人で行けば大丈夫。
チケットは一番安いゴール裏の席を学割で15レアル(750円)。

DSC00187.jpg






サンパウロFC vsモンテレイ(メキシコ)

この旅中には、マドリッドでも一度観たけど、スタジアムの熱気が全然違う!サポーターが集まるゴール裏の席だったのもあるだろうけど、観客のユニフォームの着用率は95%以上。ほぼ歌いっぱなしで大盛り上がり。楽しかったー。
しかも、かつて日本のヴェルディ、レッズに在籍してたワシントンが頑張って2得点。応援にも熱が入った。
帰りはそそくさとタクシーで無事に宿にたどり着けた。しかし、サンパウロが勝ってくれて良かったよ~。

DSC00202.jpg






サンパウロのカーニバルもなにやら有名らしいぞ。リオと並んでブラジル三大カーニバルのひとつなんだって。
でもこれから行くリオのカーニバルのチケットもかなり高いみたいだし…。と悩んでたところ、昨日行って来たという日本人夫婦から有力な情報が。

「チケットなしで見れて、大満足の場所がある。」

聞くと、パレードの出口で出待ちをするかたちらしい。パレードの全体はさすがに見れないけど、雰囲気は十分たのしめるし、しかも出てきた踊り子と写真取り放題!これ魅力!

行ってみた。

P2144471.jpg







P2144498.jpg








確かに!チケットなしでたどり着けた。フェンスのなかには入れないけど、続々と踊り終わったおにいちゃんおねえちゃんおじちゃんおばちゃんがすごい勢いで出てきた!セクシーなサンバガールばかりなのかと思ったらそれはごく少数で。山車もものすごいでかい。みんな汗だくでしんどそ~。衣装もすごく重いんだろうな。でもみんないい顔してる。ハッピーハッピー。参加したくなっちゃった。

P2144526.jpg








P2144497.jpg








(まきの)
滝を見たあと、一旦ペンション園田に戻り、そこからバスで一路ブラジルへ。
国境の町ペドロファンカバジェロは、ブラジル側のポンタポラとの合体都市。
ということで、国境がない!
バスを乗り換えれば、イミグレーションを通らずに普通にブラジルへ入れてしまう。
こういうの困ります。

なので、パラグアイとブラジルのイミグレを自主的にタクシーでまわってようやくブラジル入国!
とうとうこの旅最後の国です。

P2054322.jpg






まず目指すのはボニートという町。とてもかわいい名前。
最近まで存在すら知らなかったけれど、とてもきれいな川があるんだそう。
そんな、きれいな川なんて他にもいくらでもあるでしょ。と思ったけど、とんでもなくきれいな川があるんだそう。

いざ、噂のシュノーケリングツアーへ。

KOHEI 014






スクリー川を約800m、約1時間くらいかな?川の流れに身を任せ。
川はとてもひんやりしていて気持ちいい。

KOHEI 259






そして川中を覗いてみると。

KOHEI 248






KOHEI 101






とんでもなくきれいで。
魚もたくさん泳いでる。
川底に自分の影が映ってる。
空を浮いてるよう、とは大袈裟だけれど、そのくらい気持ちよかった。

このままずっと流されていたくなるほど、とても楽しい時間でした。


スクリー川のほかにも、青の洞窟へ行ったり、ほかの川で遊んだり。
洞窟は日光の関係からかあまり青くなくて、少しがっかかり。

P2074414.jpg






P2074396.jpg






それにしてもボニート暑かった~

DSC00102.jpg






(2010.2.4~2.7)

(まきの)
南米の名所のひとつ、イグアスの滝。
アルゼンチンとブラジルにまたがる超巨大な滝です。

同じ滝なのに、ブラジル側とアルゼンチン側に別れてしまっているので、入場料もそれぞれ別。

アルゼンチン側からの眺めの方がメジャーらしく、イグアスはアルゼンチンから見るだけで充分。
と言う人もいれば、絶対にブラジル側からも見るべき!と言う意見も。

後者の意見を信じて、せっかくなので両方から見ることにしました。

パラグアイのイグアス移住地を早朝に出発し、一日でパラグアイ→ブラジル→アルゼンチンと3カ国を通過!

まずはブラジルへ。ブラジルは入国も出国もノーチェック!
イミグレもバスでさっさと通過。
イグアス観光のために滞在するだけなら、超簡単に入国出来るシステムらしい。

そして肝心の滝。

P2014240resize.jpg






P2024280resize.jpg








でかい!とにかくでかい!!

間違いなく今まで見た滝のなかでは最大。箕面の滝とは比べものになりません。

P2014264resize.jpg






箕面の滝と言えばサルが有名ですが、ここイグアスにもマスコットアニマルが!

P2014215resize.jpg






見た目は可愛いハナグマさん。

しかし!超果敢に食べ物を持ってる人間に突進してきます。
お昼ごはんに作ってきたおにぎり1個奪われました。

ハナグマさんに負けて傷心のままブラジルと別れを告げ、バスに乗って今度はアルゼンチン側に移動。

アルゼンチンはブラジルとは正反対で、入国も出国もキッチリ。
一日だけの滞在であろうとしっかりパスポートにもハンコ押されます。

そしてアルゼンチン側の滝に到着。

P2024302resize.jpg






アルゼンチン側ではボートに乗って滝に突撃するアクティビティーに挑戦。

IMG_7160.jpg






全身びしょ濡れになったけど、めちゃくちゃ楽しかった!
もう一回やりたいぐらいです。

アルゼンチン側には「悪魔ののど笛」と呼ばれる一番激しい滝壷があり、そこがイグアスの滝の最大の見どころ。

らしいのですが、ボートに夢中になっていた間に、悪魔ののど笛行きの最終電車に間に合わず見れずじまい!!

イグアスの滝を見に行って、のど笛を見に行かない人は1%ぐらいでしょう…

ショック。

それでもイグアスの滝は充分見応えありました。

IMG_7101.jpg








ブエノスアイレスからバスで17時間、シウダーデルエステという町へ。
パラグアイに入国しました。
この町からさらにローカルバスで1時間半、目的のペンション園田に到着。

P1294196resize.jpg








ここはイグアス移住地。
この町で日系人が約1000人生活しています。
戦前戦後に移民してきた日本人たちのコミュニティを覗きにきたというわけです。

P1294206resize.jpg






P1294205resize.jpg






DSC09936resize.jpg







鳥居があって、農協があって、とてもおいしいラーメン屋さんがあります。もちろん日本語も通じるし、豆腐やお餅や納豆も買えます。
もちろん自給自足のものばかり。
お米はコシヒカリ。日本のと比べると、かなり小さくてまるいけど本当においしい。

明治時代にハワイから始まった海外移民ですが、ブラジルを筆頭に南米にはたくさんの日系人が生活しています。
園田のおじさんからは、その歴史や背景など、興味深いお話しを聞くこともできました。

ちなみに毎日何をしていたかというと、何もしてません
毎日農協まで1kmほど歩いていって買い物して帰る。それだけ。
部屋にクーラーがきいていたのでそれが快適すぎて…。


(2010.1.27~2.3)

(まきの)
P1213898resize.jpg






P1213947resize.jpg








P1213994resize.jpg







カラファテの後、プエルトマドリンでペンギンの大群を見たあと、首都ブエノスアイレスへ。
ブエノス行きのバスが非常に快適だった。

ブエノスはとてもあっつい。
暑いと何もする気にならない。

ブエノスでは、
タンゴ(アルゼンチンといえば。)を見に行った。
とてもセクシーで、踊れる男は格好いいなとおもったよ。

どうぶつえんへ行った。
このどうぶつえんはいろんな動物にさわれるのだ!
ゾウに乗って、ラクダに乗って、トラにもさわれるのだ!
おとなのトラとこどものトラと、こどものライオンにもさわったよ。

P1254048resize.jpg







カミニートという地区へ行った。
1ブロックくらいの狭いエリアだけど、カラフルな家が何件も並んでいて、とてもきれいだったよ。

P1264099resize.jpg






カミニートからほどちかいボカスタジアムへあるいていった。
その数ブロックがとてもきけんときいていたけど、そんなことなかった。
マラドーナが愛するアルゼンチンのサッカーチームだよ。
スタジアムツアーでマラドーナせんようの席をみたよ。そこだけきいろかったよ。

P1264160resize.jpg






せかいでにばんめにうつくしいほんやさんへいったよ。
オペラげきじょうをかいぞうしたすてきなほんやさんだよ。

P1264186resize.jpg








コリアンタウンへいったよ。
やきにくや、れいめんや、きむちや、なまがきや、えびや、きなこもちや、まめや、ちげや、すのものや、ごはんをおなかいっぱいたべたよ。

DSC09876resize.jpg






あとおなじやどにいたおにいさんにおしえてもらってじゃぐりんぐをすこしできるようになったよ。

(2010.1.21~1.27)

(まきの)
パタゴニアのラストを飾るのは「フィッツロイ」
山に全く興味のない私でも、その名前は聞いたことありました。
アウトドアブランドpatagoniaのロゴマークになっているあの山、わかりますか?
あれがフィッツロイらしいのです。

P1173814resize.jpg






フィッツロイの拠点となる町エルチャルテン。
天気が良ければ町からもフィッツロイが望めるらしいのですが、
最近は天気が悪いことも多いらしく、フィッツロイが雲に覆われて一日中その姿を見れないこともあるそうです。

しかし、私たちがフィッツロイに行ったその日は超快晴!
エルチャルテンの町に着くと、ちょっとだけ雲に隠れたフィッツロイが出迎えてくれました。

P1163705resize.jpg






世界一かっこいい山と言われているのも頷ける。
男前です!

今回は日帰りのトレッキング。往復8時間。
なかなか険しい道もあったけど、周りの景色が本当に綺麗で疲れも半減?したような。

P1163711resize.jpg






P1173736resize.jpg






最初は雲に隠れて見えなかったフィッツロイの全貌。
展望台に着いてしばらくするとだんだん雲が晴れてきた。
そして感動のご対面。

P1173791resize.jpg






その後は雲ひとつかかることなく、飽きるほどフィッツロイの勇姿を堪能。
パタゴニアの最後を飾るにふさわしい一日でした。

P1173819resize.jpg






フィッツロイ=patagonia。まちがいない。

氷河って、そんなに興味なかったけど。
これは本当にすごかった!
大きな音と共に次々と崩落する氷河。

パタゴニアのエルカラファテという町からバスで1時間ほど。
ペリトモレノ氷河です。

P1163687resize_20100215053348.jpg






P1163686resize_20100215053348.jpg








P1163672resize_20100215053348.jpg






お金をだせば、氷河の上をトレッキング出来たりもしますが
展望台からひたすら氷河の崩落をみてました。
約6時間。
全然飽きることなく。
自然の力は偉大です!
パタゴニアとは南米大陸の南緯40度以南のチリとアルゼンチンにまたがる地域の総称。
風が強い。寒い。山。厳しい。タンポポ。そんなイメージ。
P1143504resize.jpg






P1133406resize.jpg







実際、風は強い。ガチで強い。
ウシュアイアは全然風はなかったので、こんなものかと侮っていたが、ここパイネでその凄さに驚いた!
垂直跳びしたらすこし移動した。
追い風で走り出したら止まれなくなった。
砂利が飛んできて痛い。

パイネはテント、食料を担いで何泊かしながらトレッキングするのが一般的なのだが、我々はそれをせずに車での日帰りツアーに参加してしまったうえに、天気も悪かったために、何の感動もなく終了した。

以上。

P1143538resize.jpg






P1143539resize.jpg






P1143540resize.jpg






P1143541resize.jpg






P1143542resize.jpg






P1143546resize.jpg








(2010.1.13)

(まきの)
イースター島で新年を迎えたあと、チリの首都サンティアゴに戻り、一気にフライトでアルゼンチンのウシュアイアという町へ。

ここは南極までわずか(?)1000kmという世界最南端の町。

なにがあるのかというと。
特にこれと言ったものがあるわけではない。
チャリダー(自転車旅行者)やライダーなどにとっては、アラスカからのアメリカ大陸縦断旅行の感動のゴール地点だ。
そんなところにフライトで飛んできてしまった我々。

DSC09237resize.jpg






P1083274resizeresize.jpg







なにをしていたかというと。

世界の果て博物館というなんとも立派な名前の博物館があり、10分で見終わるというなんとも充実した内容。
そこにあるこの土地の先住民の写真がなんともクレイジーで、心を奪われてしまった。全身にペインティングを施して、お面をかぶっていたり、なにか頭から生えていたりする。ウルトラマン的というか。宇宙人といわれても信じるだろう。

P1083264resize.jpg






P1083265resize.jpg






P1083266resize.jpg








次の日には、レンタカーでわざわざ片道2時間もかけて、総勢9名で、ある木を見に行った。
通称「フラッグツリー」といわれるまるで強風に吹かれているような育ち方をしたその木。
非常におもしろい。なぜこんな風に育ったのか?
ぐらふぃっくでざいなーのコウヘイくんが合成しておもしろい写真を作ってくれた。ここまでできるものかと感心。する一方、あまりの凄さにちょっぴり世の中を信用できなくなった。

ushuaia_02_3resize.jpg







泊まったのは有名な日本人宿、上野山荘。
かわいらしい綾子おばあちゃんが切り盛りしているとても素敵な宿。
そこで、一杯1500円くらいの本当においしいタラバガニを食べて、五右衛門風呂に入り、犬の散歩に行った。
この犬が名前をトゥルーチャといって、非常に人懐っこくていい女。
出発直前に死んでしまった実家の犬プーを思い出して懐かしかった。

IMG_6403resize.jpg






DSC09317resize_20100215045303.jpg






DSC09246resizeresize.jpg






DSC09247resizeresize.jpg






こうしてウシュアイアでの5日間は、あっという間に過ぎたのだ。

IMG_6472resize.jpg






(2010.1.6~1.11)

(まきの)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。