まきのみなみの世界一周記

2009-2010

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
カナダ最後の訪問地は、ビクトリア。
この町には特別な思い入れがある。
高1の冬から一年間、私はこの町に留学していた。

留学というと堅苦しい感じがするけど、
実際はそんなに英語の勉強を必死にした憶えもない。
たまたま進学した高校に、カナダへ一年間留学出来るというコースがあって、
楽しそう!行ってみるかぁ!ぐらいの軽いノリだった。

だけどビクトリアで過ごした一年は、
当時16歳だった私にとって、とにかく楽しくてしょうがなかった。


と言っても、今からもう12年も前の話・・・

人並に覚えたはずの英語はすっかり忘れ
当時の思い出もどんどん薄れて
お世話になったホストファミリーとも音信不通。

そんな感じで訪れた約12年ぶりのビクトリア。

PA019964.jpg






PA019967.jpg






思い出深い場所はたくさんあるけど、
まずは当時通ってた学校に行ってみた。

学校は当時のまま、同じ場所にあった。
学校で過ごした時間は本当に楽しくて、思い出もたくさん。
12年前と同じ場所に立つと、色んな思いがよみがえった。
なんだか感慨深い。

DSC06945.jpg






そしてビクトリアでどうしても行きたかった場所。
ホストファミリーの家を尋ねる。

私がお世話になったホストファミリーは
お父さんとお母さんと子供が3人の5人家族。
アウトドアが好きな家族で、冬になると必ずスキー。
夏は山に登ってキャンプをしたり。
とてもにぎやかな一家だった。

ただもう10年ほどホストファミリーとは音信不通…
彼らがまだ同じ家に住んでいるとは限らないわけで。

でもとりあえず行ってみる。
記憶を辿りながら、歩き進める。
と、

あった!!
見覚えのある家がそのまま、同じ場所にあった。

ドアをノックする。
人の気配なし。

勝手にポストを覗いてみると、
ホストファーザーと同じ名前宛の郵便物。
とりあえずまだこの家に住んでいることは間違いなさそう。

メモを残して、夜に再び尋ねることに。

夜になってもう一度家に行くと、家の前に車、部屋の明かりも点いてる。
メモをみてくれていたらしく、突然の訪問にかなりビックリしながらも
お父さんとお母さんが昔と変わらない笑顔で家に招き入れてくれた。

昔と全然変わらないふたり。

PA019965.jpg






12年前、家族5人と私の計6人で住んでいたこの家。
今はお父さんとお母さん二人だけで住んでいた。
子供たちはみんな成人して家を出て行って、一人暮らしをしているらしい。
私が過ごした部屋はテレビルームに変わっていた・・・

PA019966.jpg






12年という時の流れを感じた。
時が経つのは本当に早い。

またいつか会うことを約束してお別れ。

無事、ホストファミリーとも再会したし、もうカナダに思い残すこともない。

DSC06946.jpg






というわけでカナダに別れを告げ、再びアメリカへ。
バンクーバーからバスで30時間、一気にロサンゼルスまで!!

(みなみの)
スポンサーサイト

通ってた頃の まんまだね~。
懐かしい


パパとママに逢えて良かったね。
お姉ちゃんと可愛い弟君に逢えなかったのは、残念だったね~。


私も里帰りしたい!


私のホストファミリーは、きっと引っ越ししてるわ(-_-;)

2009.10.17 18:09 URL | ゆか #- [ 編集 ]

ええ話やないですかー!
いいな~そういうの~。

ちなみに、余談ですが、ワタシ、
どうやらお二人の帰国まで、日本にいそうです。

その頃に仕事やめるかなー。

2009.10.18 01:18 URL | まこっち #- [ 編集 ]

>まこっち
日本帰ったら会えるやーん!
その後パリ??

>ゆかちゃん
確かに!引越ししてそうやな。
デビンやっけ?あの子はかなりの悪女になってそう!

2009.10.18 04:05 URL | minamino #- [ 編集 ]

パパからメールでもらった写真を見ると、めっちゃ美人さんになってたから、悪女になってるかもね(笑)

全然FACEBOOK開いてないけど…。

2009.10.19 12:41 URL | ゆか #- [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://makinominamino.blog5.fc2.com/tb.php/54-12539d7c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。