まきのみなみの世界一周記

2009-2010

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
グランドキャニオンではビリビリしたかった。

人智を超えた偉大な大地の造形美を前に、言葉を失い、涙が出るほど体が震えて仕方がない。

その代表がグランドキャニオンだと思っていた。

断崖絶壁のエッジに座って昼食を食べたり、
岩肌に沿ってトレイルしたり。
景色ももちろんものすごい。CG?と思うほど。
写真では伝わらないと思う。

PA100336.jpg






PA100337.jpg






PA100338[1]






ただ、ビリビリしなかった。

期待が大きすぎたのか、今までの旅でいろいろなものを見過ぎたからか。
これから先ビリビリするような景色に出会うことはあるだろうか。と不安に思うと同時に、天下のグランドキャニオンを前にして不満を感じている自分がおかしかった。

次の日は、車でセドナをまわった。

PA110339.jpg






別名レッドロックタウンと呼ばれるこの町は、その名の通り赤い岩山がいくつもモコモコと盛り上がっていて、グランドキャニオンとはまた違った景観が楽しめる。

PA110345.jpg






さらにここは大地のパワーが集まるといわれ、美輪明宏的な(スピリチュアルな)町としても知られている。
なかでもそのパワーが特に強く、地球の磁場が溢れ出ているというウ゛ォルテックスと呼ばれるポイントがいくつかある。人によってはそこに立っただけで大変な感動を覚えるという。

我々もその江原啓之なパワーを感じてみようと来てみたわけで。

そのひとつ、カテドラルロックに登ってみた。

PA110340.jpg






やさしい山登りを想像していたが、道は道でなく、岩を這うような軽いクライミングのようだった。

PA110341[1]







苦労してたどり着いたゴールには、言葉では表せない絶景。これも写真では伝わらないだろう。

PA110342.jpg






最後に、これもウ゛ォルテックスのひとつ、エアポートメサ。
360度パノラマでセドナの大地を見ながら、とても気分がスッキリしてきた。なんとなく消化不良だった北米をこれで気持ち良く終われたと思った。北米のハイライトはグランドキャニオンではなく、意外にも特に期待していなかったセドナだった。

PA110343.jpg







肝心の国分太一なパワーは全く感じなかった。全く。


PA110344.jpg






(まきの)
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://makinominamino.blog5.fc2.com/tb.php/59-232412d4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。