まきのみなみの世界一周記

2009-2010

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
イースター島で新年を迎えたあと、チリの首都サンティアゴに戻り、一気にフライトでアルゼンチンのウシュアイアという町へ。

ここは南極までわずか(?)1000kmという世界最南端の町。

なにがあるのかというと。
特にこれと言ったものがあるわけではない。
チャリダー(自転車旅行者)やライダーなどにとっては、アラスカからのアメリカ大陸縦断旅行の感動のゴール地点だ。
そんなところにフライトで飛んできてしまった我々。

DSC09237resize.jpg






P1083274resizeresize.jpg







なにをしていたかというと。

世界の果て博物館というなんとも立派な名前の博物館があり、10分で見終わるというなんとも充実した内容。
そこにあるこの土地の先住民の写真がなんともクレイジーで、心を奪われてしまった。全身にペインティングを施して、お面をかぶっていたり、なにか頭から生えていたりする。ウルトラマン的というか。宇宙人といわれても信じるだろう。

P1083264resize.jpg






P1083265resize.jpg






P1083266resize.jpg








次の日には、レンタカーでわざわざ片道2時間もかけて、総勢9名で、ある木を見に行った。
通称「フラッグツリー」といわれるまるで強風に吹かれているような育ち方をしたその木。
非常におもしろい。なぜこんな風に育ったのか?
ぐらふぃっくでざいなーのコウヘイくんが合成しておもしろい写真を作ってくれた。ここまでできるものかと感心。する一方、あまりの凄さにちょっぴり世の中を信用できなくなった。

ushuaia_02_3resize.jpg







泊まったのは有名な日本人宿、上野山荘。
かわいらしい綾子おばあちゃんが切り盛りしているとても素敵な宿。
そこで、一杯1500円くらいの本当においしいタラバガニを食べて、五右衛門風呂に入り、犬の散歩に行った。
この犬が名前をトゥルーチャといって、非常に人懐っこくていい女。
出発直前に死んでしまった実家の犬プーを思い出して懐かしかった。

IMG_6403resize.jpg






DSC09317resize_20100215045303.jpg






DSC09246resizeresize.jpg






DSC09247resizeresize.jpg






こうしてウシュアイアでの5日間は、あっという間に過ぎたのだ。

IMG_6472resize.jpg






(2010.1.6~1.11)

(まきの)
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://makinominamino.blog5.fc2.com/tb.php/75-5fd46ecb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。